今、匿名掲示板の書き込みを見て気づきました。放送大学教育振興会のサイトに2018年の図書目録がUPされてますね。今年超早い!
目当ては130頁からの2019年刊行予定図書、即ち2019年度新規開講予定科目です。
私が気になるのはこの二つ。

「武道・芸道から見る日本文化」
「漢文の読み方」

「武道~」の方は、おそらくエキスパート㉘日本文化を伝える国際ボランティア・ガイド(基礎力)養成プランの選択必修科目でしょう。担当講師は魚住孝至教授。先生の大学院科目「道を極める」にすごく興味があるのですが、それの代わりにこの「武道~」を履修してもいいなぁと思ったりしてます。
「漢文~」はついに来たかという感じ。これやってみたいですねぇ。
その他、ドイツ語が2019年から新しくなるのが気になりました。現在のドイツ語担当は清野智昭教授。実は2011年度後期のNHK「まいにちドイツ語」が<謎の女>というサスペンスストーリーで、気になったので再放送を期待してテキストだけ購入していたのですが、先日それが清野先生だと気づきました。NHKの講座の後のこの数年間、先生はずっと放送大学で講義を持たれていたという訳です。全く気づきませんでした。

20180209.jpg

しかも今の「ドイツ語Ⅱ」もサスペンスストーリーらしいんですよ。2018年度で閉講になるのだったらちょっとやりたい気が。

20180210c.jpg

またしばらく再入学するかどうかで悩みそうです。

2018.02.18 Sun l 雑記 l コメント (0) l top
<基礎科目> 12/8単位以上
 ・アジアと漢字文化 2単位
 ・歴史と人間 2単位
 ・英文法 A to Z 2単位
 ・国際理解のために 2単位
 ・日本語リテラシー 2単位

 ・面接授業 「ブラジル・ポルトガル語を話そう」 重松由美 1単位
 ・面接授業 「スペイン語を話そう!」 伊藤ゆかり 1単位


<共通科目> 31/8単位以上
 ・宇宙を読み解く 2単位
 ・惑星地球の進化 2単位
 ・日本文学概論 2単位
 ・『古事記』と『万葉集』 2単位
 ・言葉と発想 2単位
 ・日本の近現代 2単位
 ・博物館概論 2単位 
 ・初歩のスペイン語 2単位
 ・英語で描いた日本 2単位
 ・英語の軌跡をたどる旅 2単位
 ・ダイナミックな地球 2単位
 ・生物環境の科学 2単位
 ・ラテン語の世界 2単位

 ・面接授業 「生物の科学」 石浦正寛 1単位
 ・面接授業 「権力の館を考える」 御厨貴 1単位
 ・面接授業 「日本の境界地域研究入門」 古川浩司 1単位
 ・面接授業 「ヴィクトリア時代の衛生施策」 小川眞里子 1単位
 ・面接授業 「フィールドワークと人類学入門」 稲村哲也 1単位


<専門科目/所属コース> 37/30単位以上
 ・北東アジアの歴史と朝鮮半島 2単位
 ・日本古代中世史 2単位
 ・日本近世史 2単位
 ・南北アメリカの歴史 2単位
 ・歴史からみる中国 2単位
 ・イスラーム世界の歴史的展開 2単位
 ・西洋音楽史 2単位
 ・日本文学の読み方 2単位
 ・日本の物語文学 2単位
 ・和歌文学の世界 2単位
 ・仏教と儒教 2単位
 ・上田秋成の文学 2単位
 ・日本語概説 2単位
 ・日本文学の名作を読む 2単位

 ・面接授業 「伝染病の社会史」 小川眞里子 1単位
 ・面接授業 「唐と日本の律令国家」 古尾谷知浩 1単位
 ・面接授業 「文芸・伝承の中の源義経」 德竹由明 1単位
 ・面接授業 「『エセー』とともに生きる」 宮下志朗 1単位
 ・面接授業 「古地図で楽しむなごや今昔」 溝口常俊 1単位
 ・面接授業 「仏・法・僧と現代日本の仏教文化」 木村文輝 1単位
 ・面接授業 「近代文学で読む京都」 日比嘉高 1単位
 ・面接授業 「プライヴァシーと近現代日本文学」 日比嘉高 1単位
 ・面接授業 「和装本の世界」 柳沢昌紀 1単位

 ・『方丈記』と『徒然草』 予定
 ・東南アジアの歴史 予定

<専門科目/他コース> 36/-単位以上
 ・錯覚の科学 2単位
 ・住まい論 2単位
 ・国際法 2単位
 ・著作権法概論 2単位
 ・日本政治外交史 2単位
 ・現代南アジアの政治 2単位
 ・東アジアの政治社会と国際関係 2単位
 ・現代の国際政治 2単位
 ・パレスチナ問題 2単位
 ・環境デザイン論 2単位
 ・生物界の変遷 2単位
 ・宇宙とその進化 2単位
 ・太陽系の科学 2単位
 ・数学の歴史 2単位
 ・認知症と生きる 2単位
 ・健康長寿のためのスポートロジー 2単位

 ・面接授業 「地質学入門」 鈴木和博 1単位
 ・面接授業 「水災害と社会」 鷲見哲也 1単位
 ・面接授業 「観光と地域社会」 安福恵美子 1単位
 ・面接授業 「持続的発展:南アジアの事例から」 河合明宣 1単位


<総合科目> 6/4単位以上
 ・文学のエコロジー 2単位
 ・安全・安心と地域マネジメント 2単位
 ・途上国を考える 2単位


2018.02.14 Wed l 履修計画 l コメント (0) l top
おはようございます。
つながらないにも程があると言いたくなるようなひどい有様でしたね。WAKABAにアクセスしてもすぐに時間切れでエラーになるので0時半にはもうあきらめて寝ました。4時半に目が覚めたので試してみましたがやはりダメ。匿名掲示板やツイッターを見ても接続できた人の書き込みが見当たらない。結局9時45分にファイル出力でCSVデータの表示に成功し、その後正式なデータも出ました。

20180218a.jpg

「認知症と生きる」はいくつか失敗したので「やっぱり…」という感じです。理系二科目がそれぞれ2問間違えてますね。ラテン語は意外でした。試験終了間際の確認でマークシートの塗り間違えを見つけられて本当に良かったです。

以上、WAKABAと格闘された皆様、どうもお疲れ様でした。今回の成績発表は実質9時でしたね。タイムアウト時間を5分に設定した意味あったのかなぁ。

20180210b.jpg

2018.02.14 Wed l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
本日9時科目登録申請開始ということで、早速先日の試験の結果を確認してみました。

20180213.jpg

お陰様で7科目全て履修済みと出ました。出来たのかできてないのかさっぱりわからなかった「ダイナミックな地球」と「ラテン語の世界」も合格したようです。ホッとしました。
後は明日深夜0時の成績発表を待つだけです。

2018.02.13 Tue l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
キャンパスネットワーク資料室に2018年度新規開講科目の印刷教材がUPされました。とり急ぎご報告いたします。
(なぜかFirefoxでは表示されないので、インターネットエクスプローラーを立ち上げなきゃいけない。なんでなんだろうね)

2018.02.07 Wed l 2018年度1学期 l コメント (0) l top
試しに解いてみたのを覚え書き。

スペイン語
314432152124154

上田秋成
3234142423

印刷教材を見ていないので、かなり不正解のはず。スペイン語の過去形は完璧に忘れた。久々に4月からのラ講を聴こうかしら。
「日本政治外交史」前回受けておいて良かった。今回のお題だったら何も書けなかった。

2018.02.02 Fri l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
ツイッター情報で、先日の単位認定試験の試験問題が公表されたことを知りました。
取り急ぎご報告いたします。

2018.02.02 Fri l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
試験が終わって、なんだか燃え尽きている。大して勉強していた訳ではないのに、こんなに気が抜けているのはなぜだろう。オリンピックが始まったら、多少気分が変わるだろうか。
いつもであればこの時期は集中放送で次に履修する予定の授業を探して録画視聴してみたり、資料室で印刷教材を探して1、2章を読んだりするところだが、来学期取る予定の科目は2018年度開設科目なのでまだ公開されていない。だからまだ何もすることがない。
来学期は

7/31(火)7時限「東南アジアの歴史」
8/05(日)6時限「『方丈記』と『徒然草』」

の二つを履修する予定。今回の成績次第で追加を検討することになるかもしれない。

来年度にCASECを受けてみようかと考えていて、昨日から2015年度のNHK基礎英語3のテキストの英文を読み始めた。先日までラテン語をやっていたので、ずいぶん簡単な気がする。初見だが2014年度の続きの話なので登場人物になじみがあり面白い。毎日ひと月分のスキットを読んでいこうと思う。

20180131.jpg

1月ももう終わりかぁ。

2018.01.31 Wed l 基礎英語 l コメント (0) l top
試験が終わりました。「健康長寿のためのスポートロジー」は全て過去問からの出題で、4分で解答が終わりました。後はのんびりと確認。一か所問題文が違っていたので、印刷教材を丁寧に読んで検討して、解答に間違いがないことを確認しました。おそらく満点は取れていると思います。受験者は71名だったか、とにかく私が今期受けた試験の中では一番多かった気がします。医療関係の人が多いのでしょうかね。隣りの列の人は印刷教材がしっかりマーキングされていたし、後ろの席の方はいっぱいの手書きメモを広げておられて、皆さん勉強されているなぁと感心しました。医療用語は全く頭に入りませんでしたが、運動の必要性はよくわかりました。
これで今期は終了です。ずっと家にこもっていましたが、これから春に向けて体を動かしていこうと思います。
試験だった皆さん、どうもお疲れ様でした。

2018.01.28 Sun l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
放送大学でかかった経費をこの記事にまとめていこうと思います。

【2018年度1学期】

学費(放送授業2科目) 22.000円
振込手数料(コンビニ) -円
通信指導郵便代 -円
書籍購入 -円
交通費 -円
------------------------------------------
  -円



【2017年度2学期】

学費(放送授業7科目) 77.000円
学費(面接授業1科目) 5,500円
振込手数料(コンビニ) 324円
通信指導郵便代 -円
書籍購入 2,160円
交通費 7,080円
------------------------------------------
  92,064円



【2017年度1学期】

学費(放送授業7科目) 77,000円
学費(面接授業4科目) 22,000円
振込手数料(コンビニ) 324円
通信指導郵便代 166円
書籍購入 4,752円
交通費 12,540円
エキスパート申請費 4,798円
------------------------------------------
  121,580円



【2016年度2学期】

学費(放送授業8科目) 88,000円
学費(面接授業5科目) 27,500円
振込手数料(コンビニ) 324円
通信指導郵便代 15円
書籍購入 2,462円
交通費 11,400円
エキスパート申請費 1,782円
------------------------------------------
  131,483円



【2016年度1学期】

学費(放送授業9科目) 98,000円
学費(面接授業3科目) 16,500円
振込手数料(コンビニ) 324円
印刷教材(事前書店購入) 2,415円
通信指導郵便代 15円
書籍購入 -円
交通費 11,400円
------------------------------------------
  128,654円



【2015年度2学期】

学費(放送授業9科目) 99,000円
学費(面接授業3科目) 16,500円
振込手数料(コンビニ) 324円
書籍購入 -円
交通費 11,400円
------------------------------------------
  127,224円



【2015年度1学期】

学費(放送授業7科目) 76,000円
学費(面接授業2科目) 11,000円
振込手数料(コンビニ) 324円
印刷教材(事前書店購入) 3,255円
書籍購入 2,836円
交通費 7,410円
------------------------------------------
  100,825円



【2014年度2学期】

簡易書留(証明書送付) 430円
入学金(全科履修生) 24,000円
学費(放送授業4科目) 43,000円
学費(面接授業2科目) 11,000円
振込手数料(コンビニ) 324円
印刷教材(事前書店購入) 2,730円
書籍購入 4,320円
交通費 7,980円
------------------------------------------
  93,784円


2018.01.28 Sun l 経費 l コメント (2) l top
この金土で「健康長寿のためのスポートロジー」過去問5回分と通信指導自習型問題を確認。ひっかけ問題はなく、前期は過去問から8問出題されていたので、おそらく今回もそのような形になるはず。常識で解ける問題と印刷教材に当たらないとわからない専門的な問題が混在しているが、30分もあれば10問解けそうな感じである。医療用語を見ていたらだんだん脳が拒絶し始めたので今日はもう一度ざっと目を通しておしまいにする。草彅君出演のNHKスペシャルと「精霊の守り人」最終回を見て早めに寝よう。

2018.01.27 Sat l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
火水木と試験に行ってきました。六科目終わって残り一科目です。

初日一番目は「生物環境の科学」でした。全然履修を予定していなくて、衝動的に取った科目です。受験生は6名ほどと少なく、男性が多かったです。これは確実に取れただろうというのが6割ほどあって、帰りの電車で二つ気になった問題を印刷教材で確認したところ合っていたので、多分合格できていると思います。過去問の解答にまで解説をつけてくれる先生で非常に好感を持ちましたが、試験問題に若干の癖があり、もしかするとひっかけられているかもしれません。
次の「ラテン語の世界」はまるで自信がありません。こちらは女性の受験生が多く、やはり6名ほどでした。楽勝だと思っていたアクセント問題で一つ癖のある単語があり、もしそれが正解していたら前日解いた自習型問題のおかげです。図書館で羅和辞典を借りたり、ノートに動詞の活用表を貼ったりしましたが、全く使いませんでした。印刷教材を見るだけで精一杯。終了間際に解答の確認をしてみたら、マークシートの塗り間違え(3か所塗りつぶすべきところ4か所塗りつぶしてあった←次の問題の解答を間違えて塗りつぶしていた)を発見して血の気が引きました。前に英語でも塗り間違えやったんです(その時も終了直前の確認で発見)。よっぽどあせって解いていた証拠ですね。
島内裕子先生の「日本文学の名作を読む」は楽勝で30分で退室できました。この科目はかなり多くの方が受験されてましたが、私が教室を出る時多くの方が残っておられたので少々不安になりました。

二日目は「途上国を考える」。6時限目の試験だったので、朝から自習室にこもって印刷教材を読んでいました。過去問分析でおそらく全問過去問から出題されることが予想できていたのですが、この科目解答が公表されていないのです。過去問の中で解答を迷う問題が2問あり、うち1問が出題されていたので、どうなるか結果が楽しみです(今回の試験はおそらく解答公表になると思うので)。

三日目はまず「認知症と生きる」。どうやら半分ぐらいは過去問からの出題になりそうだからなんとかなると思って試験直前に過去問しかやらなかったので、試験問題を見て印刷教材も見ておくべきだったと後悔しました。15問の内11問が過去問だったように思います。試験終了後印刷教材を調べてみたところ、1問完全に間違えたのがわかりドーンと落ち込みました。次の試験が控えている状態で、前の試験の出来不出来を確認してはいけないということがよくわかりました。
盛り下がった気分のまま「ダイナミックな地球」の試験へ。これがとにかく難しかったです。印刷教材からして容赦ありませんでしたが、試験問題も結構意地悪。過去問と同じようで文面がいじってあるのです。ラテン語にしてもこれにしても確実に解答できた問題がどれだけあるのか確認しているだけの余裕がなかったので、合格できている気がしません。印刷教材持ち込み可でもラテン語以上に難しい試験でした。Cでもいいから合格したいです。

残りは日曜日に「健康長寿のためのスポートロジー」一科目です。この科目は医療関係者ではない私には用語が専門的過ぎて選んだことを後悔しているのですが、試験は前回通りであれば過去問から6割出題されると思うので、この二日間で過去問を完璧に仕上げてしのぐ予定です。

後一科目。まだこれから試験の皆さん、寒い日が続いて大変ですが、最後まで共にがんばりましょう。

2018.01.26 Fri l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
とうとう明日が単位認定試験の初日です。
「生物環境の科学」と「日本文学の名作を読む」の勉強は完了しましたが、「ラテン語の世界」が全くダメです。自習型問題を解いていなかったことに気づき、慌てて目を通したのですがまるでわからない。アクセント問題だけはできると思っていたのですが、ボロボロでした。これは仕方がありません。ジェルーシャ・アボットも試験で落ちていたし、そういうものだと腹をくくって試験を受けてきます。
雪のせいで大変な方もいらっしゃると思いますが、とにかくできる限りがんばりましょう。

2018.01.22 Mon l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
火曜日が単位認定試験の初日なので、残り1週間となりました。慌てて印刷教材の読み直しをしているところです。
「健康長寿のためのスポートロジー」「認知症と生きる」「途上国を考える」は過去問からの出題が6~10割と予想されるので、確実に押さえて、なんとか合格を狙いたいところです。特に「認知症~」は印刷教材持ち込み不可なので読み込む必要があります。「日本文学の名作を読む」と「ラテン語の世界」はとにかく持ち込み可の印刷教材頼みです。先日試しに3回分のラテン語の過去問を時間を計って解いてみたところ、時間が足りませんでした。そんな訳で、速読を意識しながら印刷教材を読んでいます(ニューベンゼミ参照)。「生物環境の世界」も印刷教材持ち込み不可科目なので、丁寧に読み直す必要があります。「ダイナミックな地球」は持ち込み可ですが、内容がかなり難しいのでちょっと自信がありません。

とにかく早く終わらせて他の本が読みたいです。皆さん、あともうしばらく頑張りましょう。

2018.01.16 Tue l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
今しがた、ツイッターで来学期の面接授業詳細が公開されたという情報を入手しました。「途上国を考える」の河合先生は今度岐阜なんですね。他にトトロという名前が見えたのでびっくりしてよくよく見たら、「♪ドレミとトトロで英語「楽」習」やっぱりトトロでした。

2018.01.10 Wed l 2018年度1学期 l コメント (0) l top
20180108.jpg

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

雑煮もお節も全て片付き、正月も終わりです。今朝は雑煮の残り汁で作った七草粥をいただき、お昼は毎年恒例アピタの駅弁市で弁当を買ってきました。明けてからの1週間は早いですね。
勉強の方はここしばらく「途上国を考える」の過去問しかやっておりませんでした。この科目、印刷教材からそのままの文章が出題されている訳ではなく、更に解答が公表されていないのです。なかなか答えがみつからず苦しんでおります(今度の試験でおそらく出るだろう問題がどうしても解けない)。今度の試験はかなりあやうい気がします。5日から他の科目も印刷教材読みを再開しました。
試験まで後16日。今年9月の卒業を実現する為にも頑張りたいと思ってます。

2018.01.07 Sun l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
この土日面接授業に行ってきました。「和装本の世界」柳沢昌紀教授です。
8時限しっかり和装本とはどういうものなのかという説明があり、実際に現物も見せていただいて手にとって鑑賞する事もできました。古代最初に文字が書かれたのは木簡、竹簡。1つの簡では分量のある文が書けないので、紐で綴ったのが冊。それはかさばって重いので、新しく発明された紙を使って作られたのが巻子本。しかし巻子本は見たい場所を開くのにいちいち巻いていかなければならなく手間取るという事で次にできたのは今でもお経で使われる折本。ただ折本折れ目が切れてしまうので、先に切ってしまったのが粘葉装に綴葉装。しかしそれらはバラバラに分解しやすいという事で次にできたのが袋綴。そんな和装本の変遷を面白く思いました。現在にも和装本の形が生きていて、例えば和装本本文の用紙の真ん中にある柱部分のデザインは400字詰め原稿用紙のそれと全く同じでした。
かつて趣味で創作活動をしていた頃色々なお手製本を見たり自分で作ったりしました。片面印刷袋綴のコピー誌は厚みが出てしまってすごくやぼったい印象でしたが、和装本は本文の紙がかなり薄く丁(2頁)を重ねても厚みがでない。それで袋綴の欠点を感じさせないなと思いました。先生に質問してみたところ、厚いものでは200丁(400頁)の辞書があるとのことでした。ただ100丁の本もあるけれど何冊かの本が後に1冊に合わせられたものらしく、元から100丁の本はあまりないようなお話しでした。1冊の本にどれだけの内容が盛り込めるかも気になりました。挿絵の周りに字の書いてある体裁の本はかなり字が細かく薄い本でもかなり分量がありそうでした。あのような細かいものを版木を削って作っていたなんてすごい技術力ですね。書誌学というジャンルをもっと若い頃に知っていたら良かったなと思いました。
授業の中で、昔の岩波文庫にはパラフィン紙のカバーと帯がついていたという話が出たので、うちに帰ってから本棚の古い文庫を調べてみました。果たして数冊パラフィン紙のついている本を見つけました。

20171217a.jpg

1冊が岩波で2冊が角川。「茶の本」昭和29年40円、「啄木歌集」昭和33年70円、「絵のない絵本」昭和28年40円。

20171217b.jpg

帯のみのものが3冊。岩波2冊に創元1冊。 「論語」昭和32年80円、「茶の本」昭和28年40円(29年版は定価って書いてあるけど、こちら臨時定価となっている)、「ナイロンの発見」昭和27年70円。

20171217c.jpg

もう1冊帯つき。弘文堂アテネ文庫「社会科学への道」昭和26年30円。表紙のデザインがおしゃれで表紙も本文も紙が厚い。「弘文堂」で検索したらホームページがありました。明治30年京都で創業して今年120年だそうです。

20171217d.jpg

パラフィン紙カバーつきをもう1冊。「李陵・弟子・名人伝」昭和42年60円。これは薄いからといって高校の時読書感想文を書く時に選んで読んだ本です。
これらの本はかなり焼けてしまって中身も旧漢字に旧仮名遣いと古く読めたものではないのでいつか捨ててしまおうと思っていたのですが、今回の面接授業で古い時代の本をいくつも見たおかげで残しておこうという気になりました。
受講生は女性の比率が高かった気がします。本の実物を見ながら皆さんと印象を話し合ったりできてすごく和やかでいい雰囲気の授業でした。それから以前から面接授業で何回かご一緒させていただいた方が連絡先を教えて下さって、卒業したらお互いに連絡しましょうと声をかけてもらいました。すごく嬉しかったです。

今回が20回目の面接授業ですので、無事単位が取得できれば卒業要件の面接授業20単位をクリアする事ができます。最終レポートもちゃんと提出してきましたので多分大丈夫でしょう。終わったなぁという感じでちょっとじわっと来ています。
という訳で非常にいい授業でした。取って本当に良かったです。
土日面接授業だった皆さん、どうもお疲れ様でした。

2017.12.18 Mon l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
今日は面接授業の初日でした。私にはドストライクの内容で非常に面白かったです。明日も楽しみ(^^)。
ところで、来学期の愛知学習センターの面接授業が判明しました。

20171216.jpg

今回も非常に競争率の高そうなリトルワールドがあります。
今期の面接授業で必要20単位が揃うのですが、ダメ元でリトルワールドだけ申込むかもしれません。

2017.12.16 Sat l 2018年度1学期 l コメント (0) l top
自習型問題を自力で解いてみた。

「ダイナミックな地球」7/10
「健康長寿のためのスポートロジー」4/8(記述式問題2問を除く)
「認知症と生きる」6/7
「日本文学の名作を読む」6/10
「生物環境の科学」13/16

「途上国を考える」は全て記述式問題で、模範解答もないのでパス。「ラテン語の世界」は手つかず。
点は取れたが「生物環境の科学」の選択肢には文章の意味がわからない難しいものがあった。「健康長寿のためのスポートロジー」はやっぱり苦手である。

2017.12.13 Wed l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
試験までそろそろ40日。勉強は相変わらず進んでいない。選挙以降失速したままである。
今日は「途上国を考える」の過去問をチェックしてみた。前回、前々回と過去問10割問題であった。それ以前の試験も過去問から出題されていたので、今度の試験もそんな感じだろう。問題は解答が未公表なので、自力で解かなければならないことである。

20171212.jpg

卒業後の進路については、その後大学院に修士選科生で入学して、4.5年で1学期1科目計9科目を履修する(予算266000円)という妄想をしてみたのだが、先週保険屋さんがやってきて火災保険の契約をしたせいか大学院へ行こうという気が失せてしまった。

2017.12.11 Mon l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
放送大学ホームページに2018年度の授業科目案内のデータがUPされました。新規開設科目のシラバスが参照できるようになってます。

2017.11.30 Thu l 雑記 l コメント (0) l top
今朝起きたら来学期の授業科目案内がupされてました。匿名掲示板によれば深夜0時過ぎの公開だったみたいですね。

20171130c.jpg
20171130a.jpg
20171130b.jpg



2017.11.30 Thu l 2018年度1学期 l コメント (0) l top
昨夜匿名掲示板を覗いたところ、既に来学期の授業科目案内を入手された方がいらっしゃって単位認定試験の日程表をupされてました。ありがたいことです。
今度の試験は7月29日から8月5日までとかなり遅い日程が組まれているようです。
人間と文化コースの新規科目をいくつか拾ってみました。

7/29(日)2時限「哲学・思想を今考える」
7/29(日)4時限「日本美術史の近代とその外部」
7/29(日)7時限「文学批評への招待」
7/31(火)2時限「日本仏教を捉え直す」
7/31(火)6時限「日本文学における古典と近代」
7/31(火)7時限「東南アジアの歴史」
8/04(土)3時限「考古学」
8/05(日)6時限「『方丈記』と『徒然草』」

29日の3科目は記述式の可能性が大ですね。「東南アジアの歴史」 は社会と産業コースの共有科目になるんじゃないかと予想していました。この科目が社会と産業だったら再入学を本気で検討するつもりだったのです。しかしながら人間と文化コースの単独科目ということで履修保留の理由がなくなりました。7時限目の試験は取りたくないのですが仕方がありません。もう1科目履修予定の「『方丈記』と『徒然草』」は6時限目でOKです。「考古学」 はシラバス次第で取りたくなるかもしれません。
他に可能性があるのはこの二科目です。

7/29(日)1時限「世界の中の日本」
8/01(水)3時限「はじめての気象学」

「ラテン語の世界」「途上国を考える」「ダイナミックな地球」の試験は8時限目でした。今期ラテン語を落とすわけにはいかなくなりました。

2017.11.28 Tue l 2018年度1学期 l コメント (0) l top
毎日夕方、アニメ「赤毛のアン」の再放送を見ている。気になるのは地理だ。物語冒頭アンが汽車で降り立ったのがブライトリバーの駅。マシュウは馬車で迎えに来ている。そこからアポンリーまでの距離がわからない。彼らは買い物でカーモディーという町へも馬車で出かける。しかしアニメでは鉄道の支線が通じてから子どもたちが徒歩でカーモディーの駅とアポンリーを行きかう描写があった。クイーン学院のあるシャーロットタウンは更に遠いと思われるが(作中48kmと書かれていた)、アポンリーの人々は鉄道を使わず馬車で往来する。それも日帰りで。
どうにも気になってネット検索してみたがそれらしい地図がみつからない。現実のプリンスエドワード島と物語の舞台は町の名前が違っているし、現在それらしき鉄道路線も見当たらない。それで一度はあきらめたのだけど、一昨日再度検索してみたところ、英語で書かれたどんびしゃの地図を見つけた。路線も描かれたそれぞれの町の位置関係がわかる広域地図に、グリーンゲイブルズ周辺の地図まであった。ダイアナのオーチャードスロープとレイチェル・リンド宅にきらめく湖(我が家にある岸田衿子訳ではそう呼ばれている。アニメではきらめきの湖、村岡花子訳では輝く湖だったか)、学校まで描かれていて完璧である。まさにアニメでの描写のままであった。
そのホームページはイギリス人の男性が個人で作られたものらしい。プロフィールがあったのでグーグル翻訳で訳してみたところ、元カトリックの司祭で神学校で哲学を教えていたとかオックスフォードで物理を学んだというようなことが書かれているようだった。
なぜその人が「赤毛のアン」に関する記事をホームページに載せているのか興味がある。そのうち解読してみたい。
結論。やっぱり英語を勉強しなくっちゃ。

2017.11.25 Sat l 雑記 l コメント (0) l top
昨日、最後に残っていた「ラテン語の世界」の通信指導を提出しました。これで7科目全て完了です。
印刷教材を見ながら解答して、結果は29/30でした。間違えたのは選択肢①と②で迷った問25。形容詞の第二変化の活用問題です。印刷教材を見ても答えがわからず、どうやって解けばいいんだろうと思いながら勘で片方を選んだら外しました。解説を読んでどう解けばいいのか理解できました(erで終わる形容詞は女性形、中性形のrの前にeがあるかどうかを確認)。これでなんとか試験を受けることはできるようになりましたが、相変わらず勉強は進んでおらずどうしたもんかなぁといった感じです。

試験問題は15問。過去問を見ると通信指導とはまるで内容が違います。

2017.11.22 Wed l 2017年度2学期 l コメント (0) l top
書道が思いっきり学べそうな通信大学をみつけた。聖徳大学の文学部書道文化コースである。カリキュラムを見たところ専門科目が充実している。興味を持ってネットで情報を拾ってみたら、ヤフー知恵袋などでの評判がかなり悪かった。児童学部のピアノ科目がなかなか合格できないという書き込みをいくつか見かけた。どうも通学の方に音楽科がありその為通信の方でも指導が厳しいのだと思われる。シラバスと一緒にレポート課題まで公開されていた。このコース別シラバスの冊子は部外者の私もちょっと欲しくなってしまった。英語科目を眺めていたら、放送大学で以前履修した伊藤笏康先生の名前があった。先生の「言葉と発想」は評判の良い講義だった。

2017.11.21 Tue l 雑記 l コメント (0) l top
ネットで今年放送大学を卒業された方の学位記の写真を見た。なんだか妙な感じがした。新学長のサインが微妙だったからである。岡部学長が達筆だったので、今までまるで意識していなかった。早速グーグルで検索して学位記の画像を確認してみた。学長のサインは学長が一度書いたものを使うのだろう。年度が違うサインをいくつか比較してみたところ同一の筆跡であった。更に岡部学長の前の石学長は達筆のあまり「放送大学長」の部分まで書かれているようだった。
ということで、私が来年受け取るのはその微妙なサインが入った学位記になりそうだ。
……達筆の学長の時に卒業したかったなぁ。

追記 エキスパート認証状の学長サインは自筆ではなくタイプ文字だった。魚石行書の書体がよく似ている。

2017.11.20 Mon l 雑記 l コメント (0) l top
<基礎科目> 12/8単位以上
 ・アジアと漢字文化 2単位
 ・歴史と人間 2単位
 ・英文法 A to Z 2単位
 ・国際理解のために 2単位
 ・日本語リテラシー 2単位

 ・面接授業 「ブラジル・ポルトガル語を話そう」 重松由美 1単位
 ・面接授業 「スペイン語を話そう!」 伊藤ゆかり 1単位


<共通科目> 23/8単位以上
 ・宇宙を読み解く 2単位
 ・惑星地球の進化 2単位
 ・日本文学概論 2単位
 ・『古事記』と『万葉集』 2単位
 ・言葉と発想 2単位
 ・日本の近現代 2単位
 ・初歩のスペイン語 2単位
 ・英語で描いた日本 2単位
 ・英語の軌跡をたどる旅 2単位

 ・面接授業 「生物の科学」 石浦正寛 1単位
 ・面接授業 「権力の館を考える」 御厨貴 1単位
 ・面接授業 「日本の境界地域研究入門」 古川浩司 1単位
 ・面接授業 「ヴィクトリア時代の衛生施策」 小川眞里子 1単位
 ・面接授業 「フィールドワークと人類学入門」 稲村哲也 1単位

 ・ダイナミックな地球 履修中
 ・生物環境の科学 履修中
 ・ラテン語の世界 履修中

<専門科目/所属コース> 36/30単位以上
 ・北東アジアの歴史と朝鮮半島 2単位
 ・日本古代中世史 2単位
 ・日本近世史 2単位
 ・南北アメリカの歴史 2単位
 ・歴史からみる中国 2単位
 ・イスラーム世界の歴史的展開 2単位
 ・西洋音楽史 2単位
 ・日本文学の読み方 2単位
 ・日本の物語文学 2単位
 ・和歌文学の世界 2単位
 ・仏教と儒教 2単位
 ・上田秋成の文学 2単位
 ・博物館概論 2単位
 ・日本語概説 2単位

 ・面接授業 「伝染病の社会史」 小川眞里子 1単位
 ・面接授業 「唐と日本の律令国家」 古尾谷知浩 1単位
 ・面接授業 「文芸・伝承の中の源義経」 德竹由明 1単位
 ・面接授業 「『エセー』とともに生きる」 宮下志朗 1単位
 ・面接授業 「古地図で楽しむなごや今昔」 溝口常俊 1単位
 ・面接授業 「仏・法・僧と現代日本の仏教文化」 木村文輝 1単位
 ・面接授業 「近代文学で読む京都」 日比嘉高 1単位
 ・面接授業 「プライヴァシーと近現代日本文学」 日比嘉高 1単位

 ・日本文学の名作を読む 履修中
 ・『方丈記』と『徒然草』
 ・東南アジアの歴史

<専門科目/他コース> 31/-単位以上
 ・錯覚の科学 2単位
 ・住まい論 2単位
 ・国際法 2単位
 ・著作権法概論 2単位
 ・日本政治外交史 2単位
 ・現代南アジアの政治 2単位
 ・東アジアの政治社会と国際関係 2単位
 ・現代の国際政治 2単位
 ・パレスチナ問題 2単位
 ・環境デザイン論 2単位
 ・生物界の変遷 2単位
 ・宇宙とその進化 2単位
 ・太陽系の科学 2単位
 ・数学の歴史 2単位

 ・面接授業 「地質学入門」 鈴木和博 1単位
 ・面接授業 「水災害と社会」 鷲見哲也 1単位
 ・面接授業 「観光と地域社会」 安福恵美子 1単位
 ・面接授業 「持続的発展:南アジアの事例から」 河合明宣 1単位

 ・認知症と生きる 履修中
 ・健康長寿のためのスポートロジー 履修中

<総合科目> 4/4単位以上
 ・文学のエコロジー 2単位
 ・安全・安心と地域マネジメント 2単位

 ・途上国を考える 履修中
 ・世界の中の日本

2017.11.19 Sun l 履修計画 l コメント (0) l top
昨日10時から通信指導WEB受付が始まりました。
7科目中ラテン語を除いた6科目の提出が完了しました。
結果は以下の通りでした。

「生物環境の科学」13/14
「ダイナミックな地球」7/10
「認知症と生きる」8/8
「途上国を考える」10/10
「日本文学の名作を読む」10/10
「健康長寿のためのスポートロジー」14/16

「ダイナミック~」はかなり怪しい感じです。問6、8、9を間違えました。「生物環境~」は問5。楽だったのは「認知症~」です。
「日本文学~」と「健康長寿のためのスポートロジー」は印刷教材を頼りました。自力で解答できたのはそれぞれ7問、11問です。まずまずの結果でした。「健康長寿~」は問題を見て「うわっ無理」と思いましたが、なんとかなりそうです。問題数が多いからきっとやる気のある先生ですね。
ラテン語は全く目途が立っておりません。1年がかりになるかもしれません。

2017.11.10 Fri l 2017年度2学期 l コメント (2) l top
ふと「12万円」「学費」でネット検索してみたところ、愛知文教大学が40歳以上の社会人を対象に12万円の学費のコースを設置しているという記事に行き当たりました。年額12万円です。入学金はなし。早速大学のサイトで確認してみたところ、現在は年額24万円となっているようでした。それでもすごい。学士が取得できるのです。
更に情報を探してみたところ、この社会人コースが2005年に学費年額6万円で始まり、安すぎるということで2010年に年額12万円に値上がりしたと書かれている記事をみつけました。なんと総額24万円で学士が取れていたなんて。
在校生のうち2割が社会人で、その6割が大学・短大卒などと詳しく説明されている記事もみつけました。これが一番大学事情がわかる内容だったかな。
他にもこんな格安大学があるのだろうかと検索してみましたがみつかりませんでした。もっとあるといいですね。定員割れしているぐらいなら向学心あふれる社会人にどんどん大学の門戸を開けばいいと思います。格安大歓迎(年額6万円なら私もちょっと考えてしまいます)。若い子たちにしてみれば、自分たちの学費も安くしてくれよといったところでしょうが。

愛知文教大学 生涯学習コース
格安学費が人気? 5人に1人がシニア学生の大学

(2016年秋開設とあるので、そこで金額が24万円に上がったのかな。中卒の資格でも入学できるそうです。在籍可能年数が4年とあるので、4年以内に単位を取らなければ学士は取得できないという事なのでしょうかね)

「12万円」「学費」で検索したのは、再入学したらそれぐらいの費用がかかりそうだからです。未だどうするかで悩んでいます。


2017.10.29 Sun l 雑記 l コメント (0) l top